「大河の剣(一)」作品情報

剣よ、我が道を切り開け!気鋭の著者による、待望の新シリーズ開幕!

大河の剣(一)

川越の寺尾村の名主の長男・山本大河は、村の者が呆れるほどのやんちゃ坊主ぶりを発揮していた。あまりの無法行為に手をやく父・甚三郎は、大河を勝光寺の和尚に預け、性根を叩き直すことを決めた。だが、大河の性根は直るどころか、やがて強い意志となって表れてきた。「剣で強くなりたい」との想いは、武者修行途中の剣士・高柳との出会いによって、大河の運命を大きく変えていく──。著者渾身の書き下ろし長篇時代小説。

  • 発売日 :
  • サイズ : 文庫判
  • 定価 : 814円(本体740円+税)

ISBN : 9784041089132