「大河の剣(三)」作品情報

まだ見ぬ強敵を求め、大河は江戸を旅立つ!著者渾身の書下ろし時代小説

大河の剣(三)

日本一の剣術家を目指す山本大河は、ついに玄武館道場の最強を決める大試合に挑むことになった。他流試合でも強さを見せていた彼は、順当に勝ち上がり、最後の一人、水戸藩士の小田部藤十との決戦を迎えるところまでやって来た。だが、試合は小田部に押され、あっさりと負けてしまうのだった──。敗北の衝撃と失意から道場稽古を避ける大河に、千葉重太郎の妹の佐那は、大河の剣が小さく変わってしまったと告げるが……。

  • 発売日 :
  • サイズ : 文庫判
  • 定価 : 814円(本体740円+税)

ISBN : 9784041112564