作品情報

キャラクター小説大賞受賞作品

  • 表紙:聖女ヴィクトリアの考察 アウレスタ神殿物語
    • 発売日 : 2021年8月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:704円(本体640円+税)

    王宮の謎を聖女が解き明かす!大注目の謎解きファンタジー。

    霊が視える少女ヴィクトリアは、平和を司る〈アウレスタ神殿〉の聖女のひとり。しかし能力を疑われ、追放を言い渡される。そんな彼女の前に現れたのは、辺境の騎士アドラス。「俺が“皇子ではない”ことを君の力で証明してほしい」この奇妙な依頼から、ヴィクトリアはアドラスと共に彼の故郷へ向かい、出生の秘密を調べ始めるが、それは陰謀の絡む帝位継承争いの幕開けだった。皇帝妃が遺した手紙、20年前に殺された皇子――王宮の謎を聖女が解き明かすファンタジー!

    • 発売日 : 2021年8月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:704円(本体640円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:王妃さまのご衣裳係 路傍の花は後宮に咲く
    • 発売日 : 2021年8月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:682円(本体620円+税)

    何もない少女が服飾の才能ひとつで、後宮を変える。爽やかな中華青春物語!

    涼国(りょうこく)の没落貴族の娘・鈴玉(りんぎょく)は女官として後宮に入り、家門再興に燃えていた。
    だが見習いの稽古は失敗続き。真っすぐで理不尽を見逃せない性分も災いして、反抗的・落ちこぼれの烙印を押されてしまう。
    こうなったからには主上の寵愛深い権門の側室づき女官となって一発逆転を目指すも、なぜか鈴玉を指名してきたのは、地味で権勢もない王妃さまだった。
    失望する鈴玉だったが、ある一冊の小説と友人たちとの出会いによって、次第に服飾の才能を開花させていく。
    それは彼女自身の運命と、陰謀渦巻く後宮をも変えていくことにつながり……!?

    爽快な王道中華青春ファンタジー!
    第5回角川文庫キャラクター小説大賞の隠し玉、満を持して刊行!!

    • 発売日 : 2021年8月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:682円(本体620円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:後宮の検屍女官
    • 発売日 : 2021年4月23日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    後宮にうずまく疑惑と謎を検屍術で解き明かす、中華後宮検屍ミステリ!

    「死王が生まれた」大光帝国の後宮は大騒ぎになっていた。
    謀殺されたと噂される妃嬪の棺の中で赤子の遺体が見つかったのだ。
    皇后の命を受け、騒動の沈静化に乗り出した美貌の宦官・延明(えんめい)の目にとまったのは、
    幽鬼騒ぎにも動じずに居眠りしてばかりの侍女・桃花(とうか)。
    花のように愛らしい顔立ちでありながら、出世や野心とは無縁のぐうたら女官。
    多くの女官を籠絡してきた延明にもなびきそうにない。
    そんな桃花が唯一覚醒するのは、遺体を前にしたとき。彼女には、検屍術の心得があるのだ――。
    後宮にうずまく数々の疑惑と謎を検屍術で解き明かす、中華後宮検屍ミステリ!

    • 発売日 : 2021年4月23日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:江戸落語奇譚 寄席と死神
    • 発売日 : 2021年4月23日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    人気文筆家×大学生の謎解き奇譚!

    大学2年生の桜木月彦は、帰宅途中の四ツ谷駅で倒れてしまう。助けてくれたのは着物姿の文筆家・青野で、「お医者にかかっても無理ならご連絡ください」と名刺を渡される。半信半疑で訪ねた月彦に、青野は悩まされている寝不足の原因は江戸落語の怪異の仕業だ、と告げる。そしてその研究をしているという彼から、怪異の原因は月彦の家族にあると聞かされ……。美形文筆家と、なりゆきでその助手になった大学生の謎解き奇譚! 第6回角川文庫キャラクター小説大賞<優秀賞>受賞作。
    イラスト/硝音あや

    • 発売日 : 2021年4月23日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:鬼恋綺譚 流浪の鬼と宿命の姫
    • 発売日 : 2020年5月22日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:682円(本体620円+税)

    願いは、ただひとつ。――共に生きたい。許されるなら。

    薬師の文梧は、記憶を失った白皙の青年・主水と旅をしている。
    30年前、平穏なこの地は一変した。青山領の民が突然変異して「鬼」となり、小寺領の民を襲い血を吸って殺すようになったのだ――。
    彼らは、故郷から逃げ出し、身を潜めて暮らしている小寺の民を救うべく、山々を巡っているのだ。

    一方、今から3年前。小寺の若き領主・菊は、屈託なく笑う勇敢な少年・元信に窮地を救われる。
    青山の餌食となっている領民を護るため、もっともっと強くなりたいと願っていた菊は、元信に願い出て剣術を教えてもらうことにした。
    やがて惹かれ合う2人。けれどそれは、禁忌の恋に他ならなかった……。

    ――旅の途中、文梧と主水は竜胆という少女と出会う。
    竜胆はかつて仕えていた領主・菊を捜していた。菊は3年前、青山領に捕らわれたのだ。
    旅を共にすることになった3人だが、やがて文梧は「一枚、二枚――」と何かを数える謎の声をしばしば聞くようになる。
    心にこびりついて離れないその声を聞くたびに、文梧の胸はざわついて……。

    出逢ってはならない者たちが出逢う時、物語は動き始める。
    人の情と業が絡み合う、美しくも残酷な「和製ロミオとジュリエット」!

    第5回角川文庫キャラクター小説大賞〈優秀賞〉受賞作!
    選考会でも「筆力がある」「作り込まれた世界観でぐいぐい読んでしまった」「熱量を感じる」と絶賛を受けた作品がついに刊行!


    イラスト/月岡月穂

    • 発売日 : 2020年5月22日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:682円(本体620円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:毒母の息子カフェ
    • 発売日 : 2020年4月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:638円(本体580円+税)

    イケメン揃いの大人気カフェ。蓋をあけてみると、店員の個性が強すぎる!?

    大学受験に失敗した主人公・祠堂雅玖は、ある日偶然とあるカフェを訪れる。
    強烈な個性を持つ店員たちと雅玖には意外な共通点があった。
    それは「毒母の息子」であること、そして「イケメン」であること。現実から逃げる様に
    カフェでの住み込みバイトを始めた雅玖が見つけた、亡き母の本当の姿とは――。

    • 発売日 : 2020年4月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:638円(本体580円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声
    • 発売日 : 2020年3月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:638円(本体580円+税)

    第5回角川文庫キャラクター小説大賞《大賞》作!やさぐれ弁護士×天才少女

    弁護士・海棠忍は、しがない法律事務所で依頼に振り回される日々を送っている。
    最大の悩みは、自らが後見人をつとめる十五歳の少女、黒澤瑞葉。
    ずば抜けて聡明なのだが、事務所に入り浸って事件に首を突っ込もうとするのだ。

    ある日、小学6年生の杉浦涼太が事務所を訪れ、三年前に事故死した祖父の遺品を取り戻してほしいと依頼する。
    幼い記憶ではあるが、祖父は最も大切にしていた黒猫の絵を「自分が死んだら涼太に贈る」と約束していたはずで――?


    【登場人物】
    ▼海棠忍:町の小さな法律事務所の主。目下の悩みは、自らが後見を務める少女・瑞葉が依頼に首を突っ込みたがること。数年前まで大手事務所で熱意ある仕事をしていたようだが……。
    ▼黒澤瑞葉:高名な推理小説作家の娘。十五歳にして大人顔負けの知識を持ち、高校入学を拒否する。事件に興味深々だが、事務所に出入りする理由は他にもあるようだ。

    • 発売日 : 2020年3月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:638円(本体580円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:帝都つくもがたり
    • 発売日 : 2019年5月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    第4回角川文庫キャラクター小説大賞〈読者賞〉受賞作!凸凹コンビの怪異譚

    舞台は昭和初期の帝都・東京。酒浸りで怖がりの文士・大久保と、腐れ縁の記者・関が、怪談を集めるべく東奔西走。百物語にはどこか足りない、日常の中に潜む怪異巡りの日々が始まる――凸凹コンビの怪異譚!

    • 発売日 : 2019年5月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:天命の巫女は紫雲に輝く 彩蓮景国記
    • 発売日 : 2019年5月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    おてんば巫女の大本命中華ファンタジー!

    新米巫女の貞彩蓮(ていさいれん)は、
    景国の祭祀を司る貞家の一人娘なのに
    霊力は未熟で、宮廷の華やかな儀式には参加させてもらえず、
    言いつけられるのは街で起きた霊的な事件の調査ばかり。
    その日も護衛の皇甫珪(こうほけい)と宦官殺人事件を調べていると、
    美貌の第三公子・騎遼と出会う。
    なぜか騎遼に気に入られた彩蓮は、
    宮廷の後継者争いに巻き込まれていき……!? 

    • 発売日 : 2019年5月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:ネガレアリテの悪魔 贋者たちの輪舞曲
    • 発売日 : 2019年4月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:704円(本体640円+税)

    第4回角川文庫キャラクター小説大賞大賞受賞作!少女×人外の冒険が始まる

    ロシアで発見されたルーベンスの新作。それを「贋作」と断じる美貌の青年との出会いが、エディスを贋作に宿る怪物との戦いに巻き込んでいく。19世紀末の英国を舞台に繰り広げられる、絵画を巡る冒険活劇!

    • 発売日 : 2019年4月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:704円(本体640円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:さよなら、ビー玉父さん
    • 発売日 : 2018年8月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    角川文庫キャラクター小説大賞〈隠し玉〉デビュー! 感動の父と子の物語

    第1回角川文庫キャラクター小説大賞隠し玉が、満を持してデビュー。涙なしでは読めない、ダメな父と健気な息子の不器用な物語。

    【ストーリー】
    夏のある日、しがない30代男・奥田狐のアパートを訪ねてきた天使。その小さな天使は汗をかきかき顔を上気させ、曇りのない目で狐を見つめる――天使の名前は遊。離婚により離れ離れになった息子だ。突然現れた息子の登場に、狐に訪れたのは嬉しさより、むしろ得体のしれない者に対峙したときの「恐怖」だった。こうして「ダメ親父」と「天使すぎる息子」のひと夏の生活がはじまった――自分のことしか愛せないダメ男に、必要以上に気を遣う健気な息子、そんなダメ男をなぜか慕うヤンキー娘、そして、狐のすべてを知る元嫁。親子であって親子でない父と息子は、親子以上に親子な関係を模索するが……? 
    「アバウト・ア・ボーイ」「とんび」に続く、切ない親子の物語。

    装画/柳沼行(「ふたつのスピカ」など)



    クズ男のA玉/少女とサボテン/幸せのバームクーヘン

    • 発売日 : 2018年8月24日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:次回作にご期待下さい
    • 発売日 : 2018年4月25日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    本好き、漫画好きは絶対泣ける!第3回角川文庫キャラクター小説大賞受賞作

    眞坂崇(まさかたかし)は、漫画専門の出版社で仕事に追われる、
    月刊漫画誌の若き編集長。
    落とし物をきっかけに、ビルの夜間警備員、夏目と知り合った彼は、奇妙な既視感を抱く。
    そんなある日、眞坂は偶然遭遇した火事で、建物に飛び込み、古い漫画雑誌を抱え戻ってきた夏目を目撃する。
    不思議に思い、同期の天才変人編集者・蒔田と共に調べめ始め、
    夏目がかつての人気漫画家だと気づくが……。

    「漫画バカ」の編集者たちと、漫画に命をかける漫画家たち。
    大変だけど夢だらけの日常のお仕事に潜む謎を、
    苦労性の編集長、眞坂と、トンデモ天才漫画編集者、蒔田が解き明かす。
    全ての漫画好き、本好きに捧げたい、「お仕事って悪くない」と思える物語。

    愛すべき「漫画バカ」達の、慌ただしくも懸命な日々と謎を描くお仕事小説。


    • 発売日 : 2018年4月25日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:恋虫
    • 発売日 : 2017年10月25日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    『恋』に堕ちる切なさと儚い感情を彩り豊かに描く、泣けるラブ・ストーリー

    『恋』を知っていますか? 正式名称は「感情性免疫不全症」。ウイルス性の病で、感染すると、驚くほど人が変わってしまい、自我がなくなってしまう事から、『恋虫』と呼ばれ、恐れられている。この病に感染すると、身体のどこかに特徴的なピンク色の痣が現れ、他者の感染を防ぐため、駆除される運命にある――。
    四ノ宮美季は、念願の『恋虫駆除隊』に入隊した。治療薬の存在しない『恋虫』に感染した人を駆除する部隊だ。上官になったのは冬野花火というこの世界の救世主。入隊して初の出動で、四ノ宮は対象者を目の前にして駆除できなかった。今まで恐れていた『恋』という病が、本当に悪いものなのか疑問を抱いてしまったからだ。叱咤されるのを覚悟で連れられて来られた冬野の部屋で、四ノ宮は彼の秘密を知ることになり……。
    『恋』に堕ちる切なさと、脆い感情を彩り豊かに描いた、泣けるラブ・ストーリー。

    • 発売日 : 2017年10月25日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:660円(本体600円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:窓がない部屋のミス・マーシュ 占いユニットで謎解きを
    • 発売日 : 2017年4月25日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:704円(本体640円+税)

    占い×泣けるミステリ! 第2回角川文庫キャラクター小説大賞優秀賞受賞作

    “あなたの心の謎、解き明かします!”

    凸凹占いユニットが、タロットカードになぞらえて相談者たちからの難問をズバッと解決!?
    感動したいあなたに贈る、可笑しくて優しい占い×人情ミステリ!

    カネなし、男なし、才能なし。29歳のタロット占い師・柏木美月は人生の岐路に立っていた。
    そんなある日、美月は儚げな美少女・愛莉を助ける。愛莉は見た目とは逆に、クールでずば抜けた推理力を持ち、孤独な引きこもりでもあった。
    彼女を放っておけなくなった美月は、愛莉と占いユニット“ミス・マーシュ”を結成し、人々の悩みに秘められた謎に挑むが!? 
    ほろりと泣ける第2回角川文庫キャラクター小説大賞《優秀賞》受賞作。

    • 発売日 : 2017年4月25日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:704円(本体640円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:憧れの作家は人間じゃありませんでした
    • 発売日 : 2017年4月25日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:682円(本体620円+税)

    事件×お仕事コメディ! 第2回角川文庫キャラクター小説大賞大賞受賞作

    文芸編集者2年目の瀬名あさひは、憧れの作家・御崎禅の担当となる。映画好きで意気投合するものの、彼は実は吸血鬼であり、人外の存在が起こした事件について、警察に協力していることがわかる。捜査より新作原稿を書いてもらいたいあさひだが、警視庁から様々な事件が持ち込まれる中、御崎禅がかつては人間であったこと、そしてそこに秘められた悲しい過去を知っていく。第2回角川文庫キャラクター小説大賞≪大賞≫受賞作。

    • 発売日 : 2017年4月25日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:682円(本体620円+税)

    試し読みをする

  • 表紙:コハルノートへおかえり
    • 発売日 : 2016年4月23日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:572円(本体520円+税)

    角川文庫キャラクター小説大賞奨励賞! 直感少女×美形店主の香るナゾトキ

    高校に進学して早々、親友とのトラブルで悩んでいた小梅がたどりついたのは、ハーブのお店「コハルノート」。そこで店主の朝霧にアドバイスをもらった小梅は……。ハーブと香りが答えを導く、やさしい謎とき物語。

    • 発売日 : 2016年4月23日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:572円(本体520円+税)

    試し読みをする

    もっと見る 閉じる
  • 表紙:樫乃木美大の奇妙な住人 長原あざみ、最初の事件
    • 発売日 : 2016年3月25日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:616円(本体560円+税)

    角川文庫キャラクター小説大賞《大賞》受賞! 美大で日常の謎解きを!

    長原あざみは樫乃木美術大学の1年生。
    立体造形科の所属だけれど、
    引っ込み思案な性格のせいで、
    いつもひとりぼっち。

    ある日学校へ来ると、
    同級生の橘が作ったアクリル作品が変形していた。
    犯人の疑いをかけられたあざみを救ってくれたのは、
    人好きする雰囲気を持つ青年、梶谷七唯(かじや なない)。
    同じ学科の研究生という彼は、
    真実を調べようと言いだして……。
    第一回角川文庫キャラクター小説大賞受賞。
    日常の謎系青春ミステリ決定版。
    あの頃のきらめきが、ここにある……。

    • 発売日 : 2016年3月25日
    • サイズ:文庫判
    • 定価:616円(本体560円+税)

    試し読みをする

    もっと見る 閉じる