山田風太郎賞ヘッダーロゴ

本賞は山田風太郎氏の独創的な作品群と、その作家的姿勢への敬意を礎に、
有望な作家の作品を発掘顕彰するために創設されたものです。

山田風太郎賞 | KADOKAWA

2018年10月26日

第九回 山田風太郎賞が決定

真藤順丈

宝島 真藤順丈
(講談社)2018年6月刊

著者略歴
真藤 順丈 (しんどう じゅんじょう)
2008年『地図男』で、第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞しデビュー。同年『庵堂三兄弟の聖職』で第15回日本ホラー小説大賞、その他に第15回電撃小説大賞銀賞、第3回ポプラ社小説大賞特別賞をそれぞれ別の作品で受賞。新人賞4賞受賞の快挙で、一身に注目を集める。他の著書に『畦と銃』『墓頭』『七日じゃ映画は撮れません』『しるしなきもの』『夜の淵をひと廻り』などがある。


候補作品

『信長の原理』 垣根涼介

KADOKAWA 2018年8月刊


『宝島』 真藤順丈

講談社 2018年6月刊


『夏空白花』 須賀しのぶ

ポプラ社 2018年7月刊


『滅びの園』 恒川光太郎

KADOKAWA 2018年5月刊


KADOKAWA 2018年8月刊


※著者・五十音順


過去の受賞作

2018年 第九回2017年 第八回2016年 第七回2015年 第六回2014年 第五回2013年 第四回2012年 第三回2011年 第二回2010年 第一回