山田風太郎賞ヘッダーロゴ

本賞は山田風太郎氏の独創的な作品群と、その作家的姿勢への敬意を礎に、
有望な作家の作品を発掘顕彰するために創設されたものです。

山田風太郎賞 | KADOKAWA

2020年10月16日

第十一回 山田風太郎賞が決定

著者名

『じんかん』
今村翔吾

(講談社)
2020年5月刊

著者略歴

今村 翔吾
(いまむら しょうご)

1984年京都府生まれ。滋賀県在住。2016年「狐の城」で第23回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞を受賞。
デビュー作『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』(祥伝社文庫)で2018年、第7回歴史時代作家クラブ賞・文庫書き下ろし新人賞を受賞。
同年「童神」で第10回角川春樹小説賞を受賞。「童神」は『童の神』(角川春樹事務所)と改題し単行本として刊行、第160回直木賞候補となる。
2020年『八本目の槍』(新潮社)で第41回吉川英治文学新人賞を受賞。
同年刊行した『じんかん』が第163回直木賞候補となる。


候補作品

『じんかん』今村翔吾

講談社 2020年5月刊


『土に贖う』河﨑秋子

集英社 2019年9月刊


KADOKAWA 2020年8月刊


『わたしの美しい庭』凪良ゆう

ポプラ社 2019年12月刊


『暴虎の牙』 柚月裕子

KADOKAWA 2020年3月刊


※著者・五十音順


過去の受賞作

2020年 第十一回2019年 第十回2018年 第九回2017年 第八回2016年 第七回2015年 第六回2014年 第五回2013年 第四回2012年 第三回2011年 第二回2010年 第一回