第14回 小説 野性時代 新人賞

これまでにない新ジャンルを築きあげるエンターテインメント作品を広く募集する<小説 野性時代 新人賞>。第11回募集時に<野性時代フロンティア文学賞>から改称し、新たなスタートを切りました。本誌は1974年に創刊された伝統を踏まえ、文芸誌としての役割を果たすべく、才能の発掘に努めて参ります。読む者の心を揺さぶる、将来性豊かな、希代のストーリーテラーの登場を期待しています!

選考委員
(五十音順)

冲方丁

冲方 丁 (うぶかた とう)

このたび選考委員の大役を仰せつかりました冲方丁です。おびただしい言葉で溢れかえる現代において、あなたは何を目指すのでしょうか。人の記憶に残る、面白がらせる、ひりひりさせる、呆然とさせる……。書き手が意志を持てば持つほど作品は力を発揮します。ジャンルが問われなくなった今こそ、作品が目指すものが強く問われるのだと思います。言葉にならぬ意志の全てを注ぎ込んだ、胸を貫く作品をお待ちしています。

辻村深月

辻村深月 (つじむら みづき)

自分がデビュー作を賞に投稿するために推敲していた頃のことを思い出すと、苦しかったけど、とにかく夢中で楽しかったという記憶があります。「これがおもしろい」と信じて疑わず、他人にもそう思ってもらえなければ悔しい!という意地で、原稿に齧りつく。応募することは、自分の信じる「おもしろさ」を他人にもわかる形で届け、作品を通じて、人と繋がるということです。あなたの信じる“傑作”が届くのを、お待ちしています。

森見登美彦

森見登美彦 (もりみ とみひこ)

森見登美彦です。小説の書き方というものは分からないものであります。私は「小説家」をやっていますが、今もよく分からない。「分かった」と思っても、いつも間違ってる。絶望的である。そういうわけだから、小説の書き方が分からないというのは普通のことです。分からない分からないとぷつぷつ言いながら書きましょう。ひたすら試行錯誤していると、「よくこんなの書けたナア」というものが希に書ける。だいたい、まぐれ当たりである。しかし、まずはそれでいいと思うのであります。

応募要項

【応募資格】

年齢・プロアマを問いません。
※未成年の方は、保護者(法定代理人。以下同じ)にも本応募要項をお読みいただき、保護者の同意を得たうえでご応募ください。応募完了の時点で、本応募要項を契約の内容とすることにつき、保護者の同意も得ているものとして取り扱われます。

【対象】

広義のエンターテインメント小説。
恋愛、ミステリ、冒険、青春、歴史、時代、ファンタジーなど、ジャンルは問いません
(ノンフィクション・論文・詩歌・絵本は除く)。

【賞】

正賞として記念品および副賞として賞金100万円
※該当作品が選出されない場合もあります。
※賞金は、消費税込の金額であり、また、別途源泉所得税が徴収される場合があります。

【締切】

2022年8月31日(水)
※郵送での応募の場合は当日消印有効、WEBでの応募の場合は23:59送信分まで

【選考方法】

2022年9月~11月 一次選考
2022年12月 二次選考
2023年1月 最終候補作決定
2023年3月 最終選考会にて受賞作品決定

【結果発表】

一次選考通過作品 「小説 野性時代」2023年1月号(2022年12月下旬発売予定)
二次選考通過作品 「小説 野性時代」2023年2月号(2023年1月下旬発売予定)
最終候補作品 「小説 野性時代」2023年3月号(2023年2月下旬発売予定)
最終選考結果 「小説 野性時代」2023年5月号(2023年4月下旬発売予定)
※選考状況によってスケジュールは前後する場合があります。
※受賞作品は2023年に株式会社KADOKAWA(以下、「弊社」といいます)から刊行予定です。

【原稿枚数】

400字詰め原稿用紙換算200枚から400枚の長編作品。手書き原稿不可。

【応募原稿フォーマット】

応募用のテンプレートをダウンロードし、以下の4点のファイル(以下、4点を合わせて「応募原稿一式」と言います)をご用意ください

①「原稿扉」ファイル
テンプレートを用いてください。
応募作品タイトルとそのふりがな、著者名(ペンネーム)とそのふりがなおよび原稿枚数(400字詰め原稿用紙換算)を記載します。

②「あらすじ」ファイル
テンプレートを用いてください。
応募作品タイトル、著者名、1200字以内にまとめた物語の結末に到るまでのあらすじを記載します。

③「個人情報」ファイル
テンプレートを用いてください。
氏名(本名)とそのふりがな、著者名(ペンネーム)とそのふりがな、性別、生年月日、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、経歴、文学賞応募歴、応募作品タイトルとそのふりがなを記載します。

④「原稿本文」ファイル
テンプレートの使用を推奨しますが、必須ではありません。
原稿サイズ…A4、横置き
原稿書式…40字×40行 縦組(原稿用紙型のマス目等の使用は不可)
通し番号(ページ数)を入れてください。

※①「原稿扉」ファイル、②「あらすじ」ファイル、③「個人情報」ファイルのファイル形式はワードデータ「.doc」「.docx」「.docm」のいずれか、④「原稿本文」ファイルのファイル形式は、テキストデータ「.txt」、ワードデータ「.doc」「.docx」「.docm」、一太郎データ「.jtd」のいずれかとしてください。
※応募原稿一式は、『種類_タイトル_著者名』のファイル名をつけて保存してください。
(郵送・WEB共通)テンプレートをこちらからダウンロード

【応募方法】

  • WEB専用フォームからの応募または郵送による応募の2つの方法があります。応募完了の時点で、本応募要項を契約の内容とすることに同意したものとして取り扱われます。
  • ※第12回及び第13回「小説 野性時代 新人賞」の応募に際して必須となっていた応募券または応募コードの送付は、第14回「小説 野性時代 新人賞」から不要となりました。

【WEB専用フォームからの応募の場合】

  • 以下の応募フォームよりご応募ください。投稿IDを記載した応募受付メールが自動返信で届きます。「送信」ボタンを押した時点で、応募完了となります。
  • 応募フォームへ

【郵送での応募の場合】

  • 上記応募原稿一式をA4用紙(感熱紙は不可)に出力してください。
  • 右肩をダブルクリップでとめた出力紙と応募原稿一式のデータ(CD-Rなどに記録したもの)を同梱し、下記宛先に普通郵便またはレターパックにてお送りください。それ以外の方法による送付(書留、ゆうパック、宅配便、バイク便、持ち込み等)は、選考対象外となりますので、ご注意ください。応募作品の投函をもって応募完了となります。

【原稿の送り先】 〒102-8177 東京都千代田区富士見2-13-3
株式会社KADOKAWA 「小説 野性時代」編集部
「小説 野性時代 新人賞」係

【受賞作品の取り扱い】

  • 受賞者(新人賞その他の賞を受賞した者。以下同じ)は、弊社に対し、応募作品が受賞した時点(受賞者に対し弊社から受賞のご連絡をした時点又は結果発表時点のいずれか早いほう)で、受賞作品の利用(書籍化、電子書籍化、コミック化、アニメ化、実写映像化、ゲーム化、商品化、デジタル商品化等、受賞作品を翻訳・翻案・複製等したうえ利用することをいい、当該利用を第三者に再許諾すること等を含みます。以下同じ)を独占的に許諾することにつき、予め承諾するものとします。また、応募作品が受賞した場合には、受賞者は、弊社の事前の書面による承諾なくして、受賞作品を自ら利用し、又は弊社以外の第三者に利用させることはできないものとします。
  • 受賞者は、応募作品が受賞した場合、弊社との間で、受賞作品の利用に関する契約を締結すること、受賞者が当該契約の締結を行わない場合には受賞が取り消されることがあることにつき、予め承諾するものとします。なお、受賞作品の利用が行われた場合には、弊社から受賞者に対し、当該利用の対価として、弊社所定の金員が支払われます。

【注意点】

  • おひとりで2作品以上の応募が可能です。但し、1作品ごとに独立した形でかつ別の作品と判るように応募してください。なお、複数の応募方法で応募するなど、同じ作品を複数回応募した場合には、最も新しい日付で応募された作品が選考対象となります。
  • 応募作品は、未発表かつオリジナルのものに限らせていただきます。
  • 他のコンテストとの二重応募はご遠慮ください。二重応募が判明した場合、当該作品は選考対象外となります。但し、過去に本コンテスト又は他のコンテストに応募し落選した作品については、改稿したうえで本コンテストへ応募することは可能です。この場合、過去に応募したコンテストの名称及び投稿時期を「文学賞応募歴」の欄に必ず明記してください。
  • 過度な性描写・残虐描写を含む作品、第三者の著作権その他の権利・利益を侵害する又は侵害する可能性が高い作品(パロディ、模倣を含みます)、特定の個人・団体を誹謗・中傷する作品、公序良俗に反する内容の作品、本応募要項に違反している作品、その他選考委員が相応しくないと判断した作品は選考対象外となります。
  • 結果発表後に選考対象外となる事実が認められた場合(未成年の方が保護者の同意を得ていないことが判明した場合を含みます)、受賞が取り消され、賞金等をお返しいただく場合があります。
  • ご応募いただいた原稿等及びそのデータは返却いたしません。必要な方はコピーをおとりになるかファイルをお手元に保存してください。
  • 選考に関するお問い合わせには応じられません。
  • 応募者は、自己の責任と負担において本コンテストに応募するものとします。
  • 本応募要項に違反した結果、応募者が弊社又はその他の第三者に損害を与えた場合、当該損害を賠償していただきます。
  • 弊社は、弊社が必要と判断した場合は、応募者の同意を得ることなく、本応募要項を変更することができるものとします。なお、本応募要項を変更する場合、弊社は、その変更の時期及び内容を「小説 野性時代 新人賞ページ」上に掲載し、又は応募者に通知します。
  • 弊社は、本コンテストに関連して応募者に生じた損害については、弊社に帰責事由がある場合を除き、一切責任を負わないものとします。なお、弊社が責任を負う場合であっても、弊社に故意又は重過失がある場合を除き、弊社が応募者に賠償する損害は、応募者に現実に生じた直接かつ通常の損害に限られ、応募者の特別損害、間接損害、逸失利益及び弁護士費用並びにこれらに類する損害については、弊社は一切責任を負わないものとします。
  • 本応募要項は、日本国法に準拠し、日本国法に従って解釈されるものとします。また、本コンテストに関連して弊社と応募者との間に紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所として、当該紛争等を解決するものとします。

【個人情報について】

ご応募いただく際にご提供いただきました個人情報は、弊社の個人情報保護方針の定めるところにより取り扱わせていただきます。

Q&A

Q:どのようなジャンルの作品を募集しますか?
A:広義のエンターテインメント小説を募集します。恋愛、ミステリ、冒険、青春、歴史、時代、ファンタジーなど、ジャンルは問いません。明確にどのジャンルと区別できない作品でも応募可能です(ノンフィクション・論文・詩歌・絵本は除く)。
Q:ジャンルを指定して応募することは可能ですか?
A:ジャンル別の募集はしておりませんので、指定の必要はありません。
Q:過去に「小説 野性時代 新人賞」「野性時代フロンティア文学賞」へ応募した原稿を、本コンテストへ再度応募することは可能ですか?
A:落選した作品を、改稿のうえご応募いただくことは問題ありません。
Q:WEBで公開している作品は応募できますか?
A:WEBや同人誌で公開された作品は発表済みとみなしますので、応募はご遠慮ください。ただし、全体の9割程を改編、加筆した作品にかぎり、新作扱いとして応募可能とします。その際は、必ず改変・加筆前の作品を掲載したサイト名または同人誌名を応募時に明記してください。
Q:他の文学賞へ応募した作品は応募できますか?
A:すでに落選が確認されている作品を、改稿のうえご応募いただくことは問題ありません。落選が確認されていない作品を応募された場合は二重投稿となり選考対象外として取り扱いますのでご注意ください。
Q:短編の連作でも応募可能ですか?
A:全体としてひとつの作品となっていれば、短編の連作でも応募可能です。
Q:海外からでも応募はできますか?
A:問題ありません。郵送または応募フォームよりご応募ください。