「ブラックホール 暗黒の天体をのぞいてみたら」作品情報

本当にあるの? 吸い込まれたらどうなる? 不思議に満ちた天体を大解剖!

ブラックホール 暗黒の天体をのぞいてみたら

猛烈な勢いであらゆるものを吸い込みつづけるブラックホール。

一度のみ込まれたら、光ですらも抜け出すことは決してできないというSFのような天体は、
アインシュタインによって予言され、2015年、重力波の検出で存在が証明されました。

そして2017年、人類は初めてその姿をとらえることに成功しました。
イベント・ホライズン・テレスコープという電波望遠鏡をつなぐ国際プロジェクトが
地球から約5500万光年かなたにあるM87銀河近傍のブラックホールの姿をとらえたのです。

本書は2017年に単行本で刊行された書籍の文庫版ですが、
エポックメイキングとなった2017年の撮影を踏まえ、全面的に加筆修正を行いました。

  • 発売日 :
  • サイズ : 文庫判
  • 定価 : 990円(本体900円+税)

ISBN : 9784044006983