「岡山女 新装版」作品情報

幻妖、ここに極まれり。直木賞候補作、新装版で登場!

岡山女 新装版

妾として囲われていたタミエは、ある日旦那に日本刀で切り付けられ左目と美しい容貌を失った。
代償に彼女が手にしたのは、
この世ならざる魑魅魍魎と死霊の影を捉える霊能力だった。
「霊感女性現る」と町でも評判となるタミエ。
やがて彼女の許へは、おぞましい事情を抱えた依頼客達が次々と集まってくるようになり――。
明治の岡山を舞台に、隻眼の女霊媒師の怪異との邂逅を精妙な筆致で描き上げた至高の幻妖怪奇小説。

解説・池澤春菜

  • 発売日 :
  • サイズ : 文庫判
  • 定価 : 726円(本体660円+税)

ISBN : 9784041126783