「先祖供養と墓」作品情報

どう供養するか、どう慰めるか。 ここに宗教の原点がある

先祖供養と墓

「霊魂の恐れをどう処理するか、なお進んで死者の霊魂をどうして祭るか、どう供養するか、どう慰めるか、ここに宗教の原点がある」。丹念な現地調査にもとづいた民俗学の知見により、古代から現代までの日本人の死生観を考察。モガリや葬墓をはじめとする死者と先祖の祭りに宗教生活の根幹を見出し、霊魂観や神観念の成立、その仏教化、寺院の葬送や供養の変容をたどる。宗教の根源、日本文化の本質に迫った名著。解説・碧海寿広

  • 発売日 :
  • サイズ : 文庫判
  • 定価 : 1,232円(本体1,120円+税)

ISBN : 9784044006761