「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」とは

KADOKAWAの新人文学賞として、ともに四半世紀以上の歴史を持つ「横溝正史ミステリ大賞(第38回まで)」と「日本ホラー小説大賞(第25回まで)」。
この2つを統合し、ミステリとホラーの2大ジャンルを対象とした、新たな新人文学賞を創設しました。
50余年にわたり推理・探偵小説を精力的に執筆し続け、また怪奇・ホラー小説にも親和性が高い横溝正史氏の名を冠し、エンタテインメント性にあふれた、新たなミステリ小説またはホラー小説を募集します。

正賞 金田一耕助像 副賞 賞金300万円

選考委員 綾辻行人、有栖川有栖、黒川博行、辻村深月、道尾秀介、米澤穂信(敬称略・50音順)

選考委員からのメッセージ

  • 綾辻行人

    ミステリとホラーの両要素を兼ね備えた作品はもちろん、ホラー要素がゼロのミステリであってもミステリ要素がゼロのホラーであっても、優れた達成が認められれば積極的な評価を――というスタンスで選考に臨むつもりです。選ぶ側の〝力〟も大いに試されることになりそうです。

  • 有栖川有栖

    既存作家の水準作を募集しているのではないから、「皆さんご存じの面白さや最近のはやりを念頭に、手堅くまとめました」はご勘弁を。新しい才能に求められているハードルは(過酷だが)もっと高い。「こんな面白さがあったのか」と驚かせてほしい。

  • 黒川博行

    まず、あなたにとっておもしろいキャラクターを創ってください。キャラクターができればプロットはついてきます。ストーリーに沿って、このキャラクターならというエピソードを添えてください。荒唐無稽、大いにけっこう。ただし、いつも冷静に全体を客観視する自分がいること。オリジナリティーあふれる小説は必ず読み手に伝わります。

  • 辻村深月

    作家志望だった頃、横溝正史ミステリ大賞と日本ホラー小説大賞は私の憧れの賞でした。その両方の系譜にあるこの賞に挑み、今からデビューできる〝あなた〟のことが実を言えば少し羨ましい。熱い挑戦、お待ちしております。

  • 道尾秀介

    一瞬で大量の情報を伝えられる映像メディア。主人公を自由自在に動かせるゲーム。それらが手のひらサイズで楽しめる現代において、小説で人を満足させるには、「小説である必要性」が不可欠になっています。その必要性を感じさせてくれる作品を待っています。

  • 米澤穂信

    小説のよさは多種多様で、新奇なもの、完成されたもの、得体のしれない情熱に支配されたもの、皆それぞれに心ひかれます。これこそがいい小説だというあなたの確信を、どうか叩きつけてください。おすすめは心を熱く、頭は冷静に保つこと。しかしそれとて、小説に挑む無数の方法論の一つに過ぎないのです。

    ※今回より新たに米澤穂信氏が選考委員に加わります。


第43回横溝正史ミステリ&ホラー大賞 応募要項

  • 第43回の応募は締め切りました。
    たくさんのご応募、誠にありがとうございました。
    第44回は準備中です。
    公開までもうしばらくお待ちください。


Q&A

  • Q:これまでの「横溝正史ミステリ大賞」「日本ホラー小説大賞」と、どう変わったのですか?
  • A:これまでは「横溝正史ミステリ大賞」で広義のミステリ小説を、「日本ホラー小説大賞」で広義のホラー小説をそれぞれ募集してきましたが、2賞を統合することで今後はミステリ、ホラーというジャンルの区別をすることなく、この対象2ジャンルの中から、よりエンタテインメントとして優れた作品を送り出していきます。
  • Q:どのようなジャンルの作品を募集しますか?
  • A:広義のミステリ小説と広義のホラー小説、両方を募集します。これまでの「横溝正史ミステリ大賞」「日本ホラー小説大賞」の対象ジャンルに準拠します。ミステリとホラー、両方の要素を備えている必要はありません。逆に、明確にどちらのジャンルと区別できない作品でも応募可能です。
  • Q:ミステリかホラーか、ジャンルを指定して応募することは可能ですか?
  • A:ジャンル別の募集はしておりませんので、指定の必要はありません。
  • Q:WEBで公開している作品は応募できますか?
  • A:WEBや同人誌で商業目的として公開された作品は発表済みとみなしますので、応募はご遠慮ください。『カクヨム』サイト上に公開された作品に限り、他のコンテストに未応募であれば可とします。
  • Q:他の文学賞へ応募した作品は応募できますか?
  • A:すでに落選が確認されている作品であっても、他の文学賞で選考中の作品であっても、二重応募となりますので応募はご遠慮ください。
  • Q:短編の連作でも応募可能ですか?
  • A:広義のミステリ又はホラーであり、全体としてひとつの作品となっていれば、短編の連作でも応募可能です。
  • Q:海外からでも応募はできますか?
  • A:問題ありません。郵送もしくはホームページよりご応募ください。