横溝正史ミステリ&ホラー大賞|KADOKAWA

横溝正史ミステリ&ホラー大賞 主催:株式会社KADOKAWA    一般財団法人 角川文化振興財団

「横溝正史ミステリ
ホラー大賞」募集開始!

KADOKAWAの新人文学賞として、ともに四半世紀以上の歴史を持つ「横溝正史ミステリ大賞(第38回まで)」と「日本ホラー小説大賞(第25回まで)」。
この2つを統合し、ミステリとホラーの2大ジャンルを対象とした、新たな新人文学賞を創設します。
50余年にわたり推理・探偵小説を精力的に執筆し続け、また怪奇・ホラー小説にも親和性が高い横溝正史氏の名を冠し、エンタテインメント性にあふれた、新たなミステリ小説またはホラー小説を募集します。

正賞 金田一耕助像 
副賞 賞金500万円

選考委員 綾辻行人、有栖川有栖、黒川博行、辻村深月、道尾秀介(敬称略・50音順)

選考委員からのメッセージ

綾辻行人
ミステリとホラーの両要素を兼ね備えた作品はもちろん、ホラー要素がゼロのミステリであってもミステリ要素がゼロのホラーであっても、優れた達成が認められれば積極的な評価を――というスタンスで選考に臨むつもりです。選ぶ側の〝力〟も大いに試されることになりそうです。
有栖川有栖
既存作家の水準作を募集しているのではないから、「皆さんご存じの面白さや最近のはやりを念頭に、手堅くまとめました」はご勘弁を。新しい才能に求められているハードルは(過酷だが)もっと高い。「こんな面白さがあったのか」と驚かせてほしい。
黒川博行
まず、あなたにとっておもしろいキャラクターを創ってください。キャラクターができればプロットはついてきます。ストーリーに沿って、このキャラクターならというエピソードを添えてください。荒唐無稽、大いにけっこう。ただし、いつも冷静に全体を客観視する自分がいること。オリジナリティーあふれる小説は必ず読み手に伝わります。
辻村深月
作家志望だった頃、横溝正史ミステリ大賞と日本ホラー小説大賞は私の憧れの賞でした。その両方の系譜にあるこの賞に挑み、今からデビューできる〝あなた〟のことが実を言えば少し羨ましい。熱い挑戦、お待ちしております。
道尾秀介
一瞬で大量の情報を伝えられる映像メディア。主人公を自由自在に動かせるゲーム。それらが手のひらサイズで楽しめる現代において、小説で人を満足させるには、「小説である必要性」が不可欠になっています。その必要性を感じさせてくれる作品を待っています。

第39回横溝正史ミステリホラー大賞 応募要項 横溝正史ミステリ大賞の回数を通算し、第39回からといたします。

各賞説明

●横溝正史ミステリ
ホラー大賞

正賞 金田一耕助像 副賞 賞金500万円
応募作の中からもっとも優れた作品に授与されます。
受賞作はKADOKAWAより単行本として刊行されます。

●横溝正史ミステリ
ホラー大賞 読者賞

一般から選ばれたモニター審査員によって、もっとも多く支持された作品に与えられる賞です。
受賞作はKADOKAWAより刊行されます。
締切

2018年9月30日(当日消印有効)

原稿枚数 データ原稿:40字×40行で50枚以上175枚以内
手書き原稿:400字詰め原稿用紙200枚以上700枚以内
対象 広義のミステリ小説。又は、広義のホラー小説。
年齢・プロアマ不問。ただし未発表の作品に限る。
原稿規定 応募原稿は、下記の要領でまとめてください。

①原稿扉

タイトルとよみがな、著者名(ペンネーム)とよみがな、原稿枚数(データ原稿の場合は400字詰め原稿用紙換算による枚数)を記入

②原稿本文 

【パソコンの場合】

  • ファイル形式 テキスト、MS Word、一太郎に限定
  • 書式 40字×40行 縦組(原稿用紙型のマス目等の使用は不可)
  • 原稿サイズ A4

【ワープロの場合】

  • ファイル形式 テキストに限定
  • 書式、原稿サイズはパソコンに同じ。
  • 手書き原稿の場合は、A4判の400字詰め原稿用紙を使用。鉛筆書きは不可。原稿は1枚1枚切りはなすこと。
  • いずれの場合も、原稿には必ず通し番号をつけ、末尾に「了」の字を記し、右上をバインダークリップでとじること。ひもやホチキスでとじるのは不可。感熱紙は字が読めなくなるので使用しないこと。

③あらすじ

  • 物語の結末に到るまでのあらすじを1200~2000字(データ原稿:40字×30~50行 手書き原稿:原稿用紙3~5枚)にまとめ添付のこと。
  • 末尾に、下記を明記のこと。
    タイトルとよみがな、氏名とよみがな、(ペンネームがある場合)ペンネームとよみがな、 生年月日、応募時年齢、出身地(市町村まで)、経歴、文芸賞応募歴、 郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス
  • 印字原稿と共に、フロッピーディスク、またはCD-Rを添付のこと。 そのラベルにタイトルとペンネームを明記すること。データは、作品原稿、あらすじを別のファイルとして保存のこと。
  • ホームページからのご応募の場合は、①②③を1つのファイルにまとめ、お送りください。
原稿送り先 〒102-8078 東京都千代田区富士見1-8-19
株式会社KADOKAWA 文芸・ノンフィクション局「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」係

<ホームページからの応募について>
2月15日より応募フォームにて受付をしております。
選考方法・発表 2019年4月に選考会を開催し、最優秀の作品を選定し大賞とします。
結果は選考会終了後、直ちに発表します。
詳細 小社刊行の雑誌「小説 野性時代」「本の旅人」をご覧ください。
出版・諸権利 受賞作は株式会社KADOKAWAより刊行されます。
<出版権>受賞作(大賞、その他の賞も含む)出版権、雑誌掲載権ともに株式会社KADOKAWAに帰属し、出版に際しては規定の印税が払われます。
<その他>テレビドラマ化、映画・ビデオ・DVD化等の映像化権・放送権、その他二次利用に関する権利は株式会社KADOKAWAに帰属します。ただし、当該権利料は(二次的利用の対価も含む)賞金に含まれます。
注意点
  • 規定違反の作品は審査の対象となりません。
  • 応募原稿は返却いたしません。必要な方はコピーをおとりになるかファイルをお手元に保存してください。
  • 他の文学賞などとの二重投稿はご遠慮ください。
  • 審査その他のお問い合わせには応じられません。
  • ご提供いただきました情報は、選考および結果通知のために利用いたします。
    そのほかの利用など詳細は、当社プライバシーポリシーをご覧ください。
応募はこちら

Q&A

Q:これまでの「横溝正史ミステリ大賞」「日本ホラー小説大賞」と、どう変わったのですか?
A:これまでは「横溝正史ミステリ大賞」で広義のミステリ小説を、「日本ホラー小説大賞」で広義のホラー小説をそれぞれ募集してきましたが、2賞を統合することで今後はミステリ、ホラーというジャンルの区別をすることなく、この対象2ジャンルの中から、よりエンタテインメントとして優れた作品を送り出していきます。
Q:どのようなジャンルの作品を募集しますか?
A:広義のミステリ小説と広義のホラー小説、両方を募集します。これまでの「横溝正史ミステリ大賞」「日本ホラー小説大賞」の対象ジャンルに準拠します。ミステリとホラー、両方の要素を備えている必要はありません。逆に、明確にどちらのジャンルと区別できない作品でも応募可能です。
Q:ミステリかホラーか、ジャンルを指定して応募することは可能ですか?
A:ジャンル別の募集はしておりませんので、指定の必要はありません。
Q:過去に「横溝正史ミステリ大賞」「日本ホラー小説大賞」へ応募した原稿を、本賞へ再度応募することは可能ですか?
A:落選した作品を、改稿のうえご応募いただくことは問題ありません。
Q:WEBで公開している作品は応募できますか?
A:WEBや同人誌で公開された作品は発表済みとみなしますので、応募はご遠慮ください。
Q:他の文学賞へ応募した作品は応募できますか?
A:すでに落選が確認されている作品を、改稿のうえご応募いただくことは問題ありません。落選が確認されていない場合は二重投稿となりますのでご注意ください。
Q:短編の連作でも応募可能ですか?
A:広義のミステリ又はホラーであり、全体としてひとつの作品となっていれば、短編の連作でも応募可能です。
Q:海外からでも応募はできますか?
A:問題ありません。郵送もしくはホームページよりご応募ください。

PAGE TOP